concept

『形の文化研究』投稿規定

1.目的・内容
学会誌『形の文化研究』(Cultural Study on Form)は、 「形の文化」関連領域の研究者、芸術家、 技術保存者などが一堂に会して、文化における「かたち」に関する学際的、広域的、創造的対話を図っていく主旨で、「論文」「研究ノート」 「エッセイ」等を掲載・発表するものである。

2.投稿資格
学会誌『形の文化研究』に投稿できる者は、本学会正会員、学生会員ならびに名誉会員とする。ただし、共著の場合、共著者はこの規定に必ずしも拘束されない。

3.投稿原稿の種類
学会誌『形の文化研究』に掲載する投稿原稿は次の分類とし、いずれも未発表の原著とする。
(1)論文
(2)研究ノート(制作ノート・事例報告・資料調査も含む)
(3)エッセイ(論説も含む)

4.投稿原稿の頁数
投稿原稿の文字量は、 約19000字(400字×48枚)を上限とする(ただし、題名・要旨・図版・註などを含む)。刷り上がりを偶数頁数とし、原則として 8 頁を上限とする(本誌は A4 サイズ、一段25字×48行(1200字)の二段組みとし、1頁を約 2400 字とする)。

5.投稿原稿の審査
投稿原稿の採否は、編集委員会が所管する審査・査読によって決定する。投稿原稿の種類については、投稿者の意思確認のうえ、編集委員会において最終的な決定を行う。編集委員会は、投稿原稿について、訂正を求めることがある。訂正を求められた原稿が指定日を越えても再提出されない場合、編集委員会は投稿の意思なしとみなすことがある。また、掲載が決定された原稿は、編集委員会の承認を得ずに変更してはならない。

6.投稿の手続き
投稿する原稿は、本規定および執筆要項に従って記載したワープロ文字による「完全版下(camera ready、PDF)」原稿とし、3 部(オリジナル 1 部、コピー2 部)を提出する。「完全版下」の詳細に ついては「執筆要項」を参照のこと。また採択後に投稿原稿の電子データを提出する。ワープロ文字による完全版下原稿作成が困難な場合は編集委員会が相談に応じ、有償にて作成に協力する。

7.著作権
投稿原稿に含まれる資料などの著作権に関する問題は、著者の責任において処理する。本誌に掲載された論文などの著作権は、「形の文化会」に帰属する。私的利用の範囲を超えて複製・転載等する場合はその旨を編集委員会に連絡する。掲載先には出典を明記する。

8.原稿の提出先
投稿原稿の提出先は「『形の文化研究』編集委員会事務局」とする。なお、郵送等による原稿の送付に際しては、封筒に「原稿在中」と朱書きし、投稿者の責任において事故や破損等がないよう十分な配慮をする。

『形の文化研究』編集委員会事務局
〒101-8437 東京都千代田区一ツ橋 2-2-1
共立女子短期大学 メディアアート研究室気付 三井直樹宛
tel / fax : 03-3237-2518
e-mail : mitsui@k1.kyoritsu-wu.ac.jp

9.別刷費
論文・研究ノートは、30部:3000円、50部:4000 円、100 部:6000 円 (別刷配送代は投稿者負担とする)

10.学会誌頒布
学会会員は『形の文化研究』を一冊500円(送料別途)で購入することができる(非会員は一冊1000円)。問い合わせ、申し込みは『形の文化研究』編集委員会事務局にて受け付ける。

2017年6月25日改訂